muses_reino

SDGs14 海を助けるために私たちができる10の方法

SDGs14

SDGs14 海を助けるために私たちができる10の方法

2021/8/14  

海を助けるための10の方法 私たちの海を助けるにはどうしたらいいでしょうか? 家で、街で、海で、どこでも簡単できる海を助けるための10の方法なことをご紹介します。 海を助けるために、あなたができる簡単 ...

plastic pollution

プラスチックゴミ問題

【海洋汚染の原因3つ】二酸化炭素、排水、プラスチックごみの問題

2021/8/8  

人間による海洋汚染 世界中の多くの海では人間による海洋汚染が進んでおり、その中でもプラスティックによる汚染は大きな課題となっています。このままだと、2050年には、世界の海に生息する魚の数よりもプラス ...

サスティナブル・シーフード(持続可能な魚介類)を使ったSDGsメニュー by 神戸北野ホテル

SDGs14への企業の取り組み

サスティナブル・シーフード(持続可能な魚介類)を使ったSDGsメニュー by 神戸北野ホテル

2021/8/8  

SDGs海洋資源のサステナビリティにフォーカス ~豊かな海の幸を次世代へ受け継ぐための新たな取り組み~ エイチ・ワイ・ホスピタリティ・エンタープライズ株式会社(本社:神戸市、代表取締役:山口浩)が運営 ...

持続可能な漁業

MSCが持続可能な漁業を推進するための海洋プロジェクトを助成、混獲の削減の研究プロジェクトにも助成金

2021/8/8  

オブザーバーの安全性の強化と混獲削減に向けた取り組み等に対し、総額65万英ポンドの助成金を授与 MSC(海洋管理協議会)は持続可能な漁業を可能にし、支援するために設立した海洋管理基金から、世界の20の ...

持続可能な漁業

MSC認証取得を目指す気仙沼ヨシキリザメ・メカジキ延縄漁業改善プロジェクト

2021/8/8  

株式会社シーフードレガシー、気仙沼遠洋漁業協同組合、宮城県かつお・まぐろ漁業組合、および岩手大学農学部 資源経済・政策と数理資源管理研究室(岩手県盛岡市)と協働で、日本で初めてヨシキリザメ、メカジキを ...

プラスチックゴミ問題

【海洋プラスチック問題解決キャンペーン】ストップ!ゴーストギア!プラスチックごみから海を守ろう!

2021/8/8  

1. 「ゴーストギア」とは、海に流出した魚網や釣り糸などのプラスチック製漁具のことで、世界の海洋プラスチックごみの少なくとも10%を占め、さらに毎年新たに50万~100万トンが流出していると推定される ...

持続可能な漁業

責任ある漁法で捕獲された、常温保存可能なスペイン・サントーニャ沖のサバ「サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬」

2021/8/8  

アウトドア企業のパタゴニア社の子会社であるパタゴニア・インターナショナル・インク日本支社は、食品事業「パタゴニア プロビジョンズ」から2020年3月26日、3種類の「サントーニャ・サバ・オリーブオイル ...

ハローキティ紙製ストロー!SDGs GOAL14『海の豊かさを守ろう』の実現に向けた思いやりの提案

SDGs14への企業の取り組み

ハローキティ紙製ストローでSDGs GOAL14『海の豊かさを守ろう』の実現に向けた思いやりの提案

2021/8/8  

株式会社サンリオ(本社:東京都品川区、社長:辻󠄀 信太郎、以下サンリオ)は、微小なプラスチックごみによる海洋汚染が課題になっていることを受けて、「ハローキティ」デザインの紙製ストローを全国のサンリオシ ...

絶滅危惧種は販売継続、揺らぐ持続可能性の定義『お魚スーパーマーケットランキング 7』

持続可能な漁業

絶滅危惧種は販売継続、揺らぐ持続可能性の定義『お魚スーパーマーケットランキング 7』

2021/8/8  

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、国内大手スーパーマーケット15社の「持続可能な魚介類の調達方針」を調査した『お魚スーパーマーケットランキング7』(注1)を ...

#

持続可能な漁業

ウナギの消費に関する意識調査- ニホンウナギは“絶滅危惧種” 「知らない」 約4割 “絶滅危惧種”と知った後「食べるのをやめる・減らす」 約2人に1人

2021/8/8  

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区)は、1月21日(日)・2月2日(金)の冬の「土用の丑の日」を前に、ウナギを食べている全国20代~60代の男女1,086名に対し、インターネット調査 ...